SAMURAI

【Vita】

朧村正

かねてから楽しみにしていたVita版「朧村正」を購入しました。
選んだのはダウンロード版です。

Wii版の開発画面の頃から興味を持っていたので、何年越しのプレイかな?
そのWii版の出る前から「PSPで出せばいいのに…」と考えていたし
当時のブログでも触れたと記憶しますが、いよいよVita版で最高の形での登場!
d0164914_828476.jpg
オープニング後のタイトル画面。題字と背景の満月が印象的
d0164914_8292277.jpg
ゲーム起動前の画面。色鮮やかだったので載せてみました
d0164914_8282163.jpg
チュートリアルで一通りの操作を把握できます。簡単なのに快適かつ爽快なアクション
d0164914_8283189.jpg
移動、探索、戦闘がシームレスに行われる横スクロール画面。人物と背景が映えます
d0164914_8283918.jpg
小屋の中に移動しての画面。宝箱などが隠されている事が多い?

Vitaのグラフィックは雑誌やウェブ上のスクリーンショット、トレイラよりも
実機で観た方がはるかに綺麗、という環境によっては据置機以上の性能ですが
2D画面、そしてヴァニラウェア製の本作は非常に美麗となっています。

Wii版をプレイした方達からも、一律して高評価を聴く事ができる事から
「朧村正」の映像技術が、Vitaとマッチしているとわかります。

実際、画像の引き伸ばしやぼやけなどもまったくなく、
Vitaに移植するにあたって、丁寧に最適化されたのだと感じます。

また、オープニングからタイトルへの切り替え、移動後の画面の切り替え、
敵と遭遇、戦闘開始時、アイテム入手や使用時、ゲーム終了からの切り替えなど、
あらゆる面において、体感するロード時間は皆無だと言えます。

ロードが短い、のではなく、ありません。

移動時や戦闘のアクションは、俊敏かつ高速ではありますが、
キーレスポンスの遅延やもたつき、処理落ち、描写上のバグも見当たらず
ひとつのアクションゲームとしても、快適にプレイできます。

などなど、操作環境やプレイ環境にはまったく問題がありません。
Wii版とは異なり、細かいキーコンフィグも可能なので
より自分に合った、直感的なボタン操作にも恵まれていて言う事なしです。

最初のセーブ画面まで通して、画像を撮影しながら遊んだだけなので
ストーリーに関してはまだ、まったくわかりませんが
Vita本体購入後から初の(!)、最後までプレイできそうなタイトルです。

ここからが楽しみ。
ファーストインプレッションとしては、最高点を出したいです。

【PSP】

スーパーロボット大戦 Operation Extend (OE)
ファミ通.com記事

前情報は少し前から把握してたんですけど、
見て見ぬふりをしていた問題(?)のタイトルです…。

いつものスパロボ新作ならUX同様に無視していたんですけど、
バンが出てくるZOIDSに、パトレイバー…。
参戦作品と戦闘画面出されただけでなびくなんて、私も成長しないな。

いやでも、シールドライガーはズルいだろっていう。
ゴジュラスやデスザウラーも並べられたら実際に死ねます。
マップ画面にはレッドホーンがすでに配置されてるし…。

全8章、ダウンロード専売という変わった形での今夏発売、となりますが
いまのところはスルーつもりではいるんですけど。

つもりではいるんですけど(何故二度言う)。

マップの開発画面とか見ると、さすがにグラフィックが荒いので
どうせならPSPじゃなくてVitaで出せば良かったのになあと思います。
正直、Vitaで美麗な2D戦闘画面かつZOIDSなら欲しくなってたかも。

スパロボは卒業させてくれ。
などと、いつもどおりに意志の弱い私。
by onihito | 2013-03-29 08:55
<< 鬼の宴 ハイ・ファンタジー >>