そろそろそろそろ

【PSP】

第二次スーパーロボット大戦Z

もう終盤なので、クリアしてから日記を書こうかと思ってましたが
いつもの通り、ラスト近くになるとプレイ進捗が滞るので
ちょっとここで一息ついておこうかなと思います。

一周するのに50話で終了、というのは前もって知ってますが
いま44話なので、もうそろそろエンディングですね。

以前の私なら、全50話だと少なく感じるかもしれませんが
いまの私には丁度良いかなあ、というのが正直な実感です。
中盤過ぎるあたりからは攻略や自軍の強さも安定してマンネリになるからね。

今作では敵を70機撃墜することで
それぞれのキャラ特有のエースボーナスを獲得できますが
いまのところ

●クロウ
●カレン
●赤城
●ヒイロ
●デュオ
●トロワ
●カトル
●五飛

彼らは習得することができました。
他にはゲイナーがあともう一息、
それから別ルートに行ってしまったロランも王手がかかっています。

割と、平均的に自軍を育てていますね。

序盤ほどではないですが、連携や支援を有効活用するために
みんなでまとまって移動、進軍している事が大きく反映されています。
第三次αやWまでの一騎当千プレイは鳴りを潜めてしまいました。

固有技能が美味しいゼロも要所要所で敵を倒してレベルを上げてます。

いやー、やっぱりね。
前にも書いたけど、スパロボってゲーム自体がファンサービスなんだよね。

ダイ・ガードの主題歌や「思春期を殺した少年の翼」が流れるだけで
なんかもう感無量になるの。原作を観ていた当時を思い出して。

それだけでいいって事なんだと思う。
この思い出補正があるから、オリ系の酷さにも目を潰れるんだよ(…)。

ただ、クロウ本人のキャラは割と好きかも。
この先どうなるかわかんないけど、シンジ系のウジウジもないし
説教臭くならない程度に少年少女キャラと接する場面も多いし。

戦闘アニメが雑なのは、試作的にまずつくってみました、
みたいな裏事情があるからなのかにゃー?

わが軍主力のコロニーガンダムや黒の騎士団、それにダイ・ガードは
ユニットグラフィックや戦闘アニメーション共にすっごく好みで、
本当美味しいポジションに置いてくれたなあ、と嬉しい限りです。

第二次Zで新調された戦闘アニメでも、
ダンクーガノヴァとかはなんか変なんだけどね…。

当たりを引いたようで良かったです。

クリアもしてないのに先の話をするのもなんですが、
後篇ではゼロもコロニーガンダムも敵に回ったりなんだりと
分岐や離脱が複雑になってきそうで、いろいろと心配です。

前篇となる破界篇では意外にもコロニーガンダムは
最初から最後までずーっと一緒にいられたので、
後篇でも粋なはからいを期待したいものです…是非是非。

主題歌もリズム・エモーションが入ってくるだろうし、
今作でコロニーガンダムを担当したスタッフが
そのまま戦闘アニメにかかわるだろうし、またヒイロ達の活躍が楽しみ。

ゼクスのトールギスと戦闘する機会が少なかったのは残念かも。

ここまで書いてアレなんですけど、
もしかしてダイ・ガードは後篇に出ないのかな…。
すでに最後のヘテロダインも倒しちゃったし…。

いるだけ参戦でも私の早とちりでもいいので、続投してもらいたいところ。
by onihito | 2011-04-26 22:07
<< はじめての ウエポニ化 >>