maru-mari

【PSP】

モンスターハンターポータブル 3rd

「MHP3rd」の記事目当てでファミ通を購入してきました。

まず最初に、先日触れた新モンスターの名前ですが
「ズワロポロス」ではなく正しくは「ズワロポス」ですね。
大元になったソースが共通なのでネット全体で間違ってたんですね。

「ズポワロス」とか呼ばれていきそうな気がします。
あとこいつは「ハプルボッカ」に食われていた奴とは別物でした。

さてさて、改めて誌面で読んでみると色々と発見があります。

「ラングロトラ」、基本となるモデルは「アオアシラ」でしょうが
顔つきや各部位を見るとより爬虫類に近いデザインですね。
ハンターとして気になる攻撃方法は

▼麻痺液吐き
▼跳ね飛び攻撃(ムーンサルト跳躍移動をしつつ攻撃)
▼舌攻撃
▼悪臭ガス攻撃

なんかが紹介されていました。
オオナズチとババコンガと、ジンオウガを彷彿とさせる部分が多い?
動作の大半は、公式サイトでも公開されているトレイラで確認できますね。

同じく「アオアシラ」のモデルを流用していそうな
白い兎ぴょんがTGSトレイラに出てきますが
そいつもトリッキーな攻撃動作で動き回っていた気がします。

実際に動いてみると、面白い新モンスターが多い印象です。

オオサンショウウオみたいなシルエットの「ハプルボッカ」は
「ドスガレオス」よりは納得できそうな動作が多い感じ?

ガレオス系やブロス系ほど、頻繁に砂中に潜らないといいなあ。
当然のように砂中から飛び跳ねての攻撃が見られますが
ガレオス系のふざけた軌道の突進と同じにならない事を祈ります。

誌面の静止画で見ると良く解るんですけど、
眼球の位置が結構、とんでもない箇所にありますね。
これだと身体の上方にしか視野がないように見えるんですけど…。

先日も触れた弱点らしき口内の「のどちんこ」、
明らかに「狙ってくれ!」と主張していてちょっと笑えます。

あとはハンター達の拠点となるユクモ村、
とくにギルドの温泉施設について詳しい情報が載っていました。

ギルドに関しては「2ndG」までに培った
インターフェイスの快適な部分は継承しているようですね。
クエストの詳細表示ウインドウがちょっとカラフルになったみたい。

続いては温泉施設。
「アイルーキッチン」に代わる、新要素ですね。

体力とスタミナに補正をかけるのが「温泉浴場」、
一時的なスキルを付与させるのが「ドリンク屋」の効果。
ドリンク屋はアイルーが経営していて、効果には発動確立が設定されてます。

「浴場」「ドリンク屋」のグレードアップや多様化には
それぞれ「温泉クエスト」「ドリンククエスト」の攻略が必須。
内容はちょっとほのぼのとしていて好みかも。

やっぱり、本筋となる「村クエスト」をクリアしていくと増えるのかな?
両クエストを受注させてくれる、アイルーの番台さんがかわいいです。

しかし温泉画面を見ていると、女ハンターはスタイルいいですな。
くびれと尻のラインが。

湯船にタオルを入れるな、とか言うと発禁になるから駄目ですか。

従来の「アイルーキッチン」がなくなるのは残念ではありますが
新しい施設やクエストがなかなか面白そうなのでヨシです。

最後は体験版とか「MGS」とのコラボについて触れられていましたが
早い人は本日から、体験版のコードが配布されますね。
実際に体験版データの配布が始まるのは10月13日ですけど。

体験版では弓が使えなくて相変わらずふてくされている私ですが
ここは初心に帰る(?)、双剣で暴れまわろうと思いますヨヨヨ。
本当に初心に帰るなら、最初の愛用武器は大剣でしたけども。

今冬最大の注目ソフトといっても過言ではない「MHP3rd」、今後が楽しみ。
by onihito | 2010-09-30 11:03 | Comments(0)
<< ぼくたべちゃうぞ 斬って斬って >>