2種類の信者

【PSP】

ファントム・ブレイブ PORTABLE

発売日は10月28日。
UMD版は5040円、DL版は4000円。

ベースはWii版を元に移殖。
「もうひとりのマローネ編」収録。
PSP版の追加キャラはマケレンノジャー、プリニー、本ゼタなど。

みたいな感じ。
ひゃっほう!

日本一ソフトウェアのゲームなのでDL版は出るだろうと思ってましたが
こうして発売日と共に正式なアナウンスが入ると安心します。
もちろん、DL版を発売日に購入するよ!

PSP版オリジナルの追加要素はおとなしめですね。
もっとドカーン!と何かを入れてくれてもいいんだけど。
待ちに待ったタイトルなので、出してくれるだけでハッピーですけど。

追加キャラのプリニー、というのは
PSP版アクションゲーム「プリニー」に出てくるプリニーですね。
プリニー連呼していて何を言っているのか解らんかもしれませんが。

私はマローネさえいてくれればいいんですけど
この主人公プリニーが出てくるのはちょっと嬉しいかも。

DLCはないのかな。
内容によっては購入するかもです。

「~ディスガイア2ポータブル」はマローネだけ買いました。

タクティクスオウガ 運命の輪

発表から数日が経過しましたが、
話題に挙がってそうな2chの該当スレや個人Blogなどを覗くと
冷静な声がちらほら、というかそうした声が多く聞こえてきますね。

最も多いのが「スクエニだから不安…」という主張かな。

懐古主義の中には「俺だけがこの作品に詳しい」とか
「俺の○○はこんなのじゃない」と言い出すタイプが紛れてますが
今回の場合、この傾向が強いようにも感じられます。

正直、まだ発売もしてないのにウザいなこいつら、とか感じてますが
でも「スクエニだから不安…」という気持ちもよく解るんですよね。

ロマサガとか、聖剣とか、安売りされたFF系の移殖ものとか、
長らくスクエニ…というよりスクウェアの作品が好きだった人には
苦い経験が多過ぎたと思うんですよね、PS2以降は。

あまり疑念や懸念を感じていない私は、つまるところ
SFC後期やPS1最盛期のスクウェアタイトルを
ほとんど遊んでこなかったからダメージも少ないんじゃないかなと。

ロマサガシリーズ、遊んだ事ないですからね。
聖剣シリーズは今度アーカイブス化するLOMオンリーだし。

イメージが固まりようがなかったんですよね。

そんな私だから、散々移殖され続けて出涸らしになったような
PSP版のFF1だって楽しいなあ、なんて笑って遊んでたんだろうし。

でもさ、今回は松野さんを筆頭にオリジナルスタッフが集まってるんだよ?
第一、最初から「移殖」ではなく「リメイク」だと公言されてるんだよ?

初めから別物になる事は示唆されてるのに、
何を心配になっているのか、よう解らんのだけど…。

オリジナルそのものがよければSFC版引っ張り出せばいいし、
詳しくはないけどWiiのバーチャルコンソールなら
タクティクスオウガも配信されてるんじゃないの?

なんていう、懐古主義は懐古主義でも私の場合は
「どんな姿になっても、好きな作品は好き」というタイプなので
傍から見てアホと思われるようなスタンスで待ってるのかもだけど。

それぞれに「好き」の傾向は違うからよくわかんないけど。
でも我慢できない人は無理に遊ぶ事はないよね。
文句垂れ流しながら遊び続ける人ってしんどいよね。

なんていろんな事を考えた。

いまから楽しみにしている人って、
若干気持ちが軽いというか、肩の力が抜けてる印象を受けた。

ファミ通の記事の中で「思い出補正」なんて言葉が出てきたけど、
補正かかりすぎてフィルターきつくなると
曇りガラスになって盲目的になるのかもしれないね。

盲目的なのは、私も同じかな。
by onihito | 2010-07-24 06:35 | Comments(0)
<< ウェルチ! 美化された思い出 >>