<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

愛しのバンブルビー

【映画】

トランスフォーマー

劇場三部作の完結編「ダークサイドムーン」を視聴してきました。
久し振りにブログで記事を書いてみます。
作中の描写にも触れるため、ねたばれをいくつか含むかなと思います。

ネットに繋いでおいてねたばれとか言ってんじゃねーよ!(おい)
これから視聴予定の方、ねたばれを好まない方は読むのを控えてください。

劇場三部作、ではありますが実は私、一作目をまだ観てません。
ですが細かい伏線を含めて、前作を観ておく必然性はそんなにないです。
実際、二作目でのサムのチート化は今作ではほとんど生かされてないです。

ないです、って言ってるけど私が個人的にこだわらないだけかもだけど。

ヒロインの役が大人の都合で変わってたりして、冷めるポイントもありますが
作品の内容は相変わらず熱くて、ロボットが動き回って、
そしてマイケル・ベイ特有の米軍の強さも何一つ変わってません(おい)。

今作はオートボッツやディセプティコンの、
ロボット勢の活躍に時間やカットが大幅に割かれていて好感触です。

そして三部作中、もっともロボットの挙動がわかりやすいと思います。
私は初見で吹き替え版を観ましたが、十分に堪能できました。
書き忘れましたが、私は3D版は観てないので、そこは前提にしてください。

それにしても不思議なのが、ロボット達に感情移入してしまうところです。
彼らは言葉は話すし、体液のようなものを飛び散らせたりはするけど、
金属的表現はそこかしこに見られて、やっぱり無機質なのに、何故なんだろう。

やっぱり目玉らしきもの、口らしきもの、そして四肢があって人型だからかな。
実際、ディセプティコンの戦艦には何も感情移入なんてしないからね。

劇中、バンブルビーが初めてサムを助けに割り込むシーンは胸がときめくし、
オートボッツが殺されてしまう場面はかなーり、かなーり重く響いてきます。

アイアンハイドがアレするシーンなんて、スタッフロールが流れても響いてたし…。
いま、家に帰って記事を書いている今もすっごく響いて、悲しいです。
おじいちゃんがアレするシーンも衝撃だったけど、もう忘れてるのに…(おい)。

もうひとつ不思議なのが。

ディセプティコンが残酷な事をするシーンは顔をしかめるくらいエグいのに、
オートボッツが大暴れして敵をなぎ倒すシーンはすっごく爽快なんだよね。
雑魚を取り囲んで、リンチ状態で四肢をバラバラにするシーンもあるのに、です。

やっぱり、感情移入してるんだよねえ。
不思議だよねえ。

前作でのオプティマスの無双も気持ちよかったですが、
今作でのオプティマスの無双も、もう抜群にカッコよくて気持ちいい!

基本、今作は負けがないもんね。
人間や、他オートボッツの見せ場をつくるために、宙吊りにされてる時間はあるけど。
しかもその宙吊りになる理由がまた、必要ないくらいに無意味だし。

でも、その他大勢の活躍も魅力的なので、相殺できてますね、
ていうか、三部作初の3D化表現のための尺づくりなんだけどね、ぶっちゃけ。

そうした背景もありながら、シナリオはそこかしこに穴があるんだけど
何も考えずに映像を楽しむための、本来の創作映画としての魅力は十分です。
トランスフォーマー達の活躍を観たい皆様は、是非。

人間のドラマパートも、いかにもマイケル・ベイ的なジョークが含まれていて、
つっこみどころはたくさんあるものの、退屈しないでたのしめるかなあ、と。

サムは、ぽっと出のヒロインなんかほっといて、バンブルビーと結婚すればいいんだ。
今作でも、サムとバンブルビーは熱々だよ!

ただね、活躍のシーンはたくさんあるものの、
オプティマスとバンブルビー以外のメンツの活躍は薄めかも。
メガトロンやスタースクリーム含めても、ちょっともったいない部分はあるかな。

ぐりんぐりんと動く、映像的な楽しみは十分なんだけどね。
もう、アイアンハイドが悲しすぎる…。

ショックウエーブは最高に魅せてくれます。
でも前作のデバステイターの方がインパクトはあったかも。
このショックウエーブが一番、3D化に一役買ってるのかな。

3D版は観てないけど(おーい)。
そんな気がする。

シリーズ通して楽しめた方は、今作も問題なく楽しめますよ。
私は観たいものが観れたので、満足でした。
ちなみに、アイアンハイドがどうなるのか知ってて観たけど、やっぱりショックだった。

日本の漫画ならご都合主義で最後に蘇るんだけど、
彼含めて、死ぬときは死ぬ犠牲者が、たくさん出てきます。
その辺がやっぱり、アメリカのキャラクタものなのかなとも思いました。

期待しているシリーズもの、次は来年のバットマン完結編だな!
[PR]
by onihito | 2011-07-30 02:00 | Comments(0)