<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お前の罪を数えろ!

【特撮】

仮面ライダーW

最終回、観てきました。
ハッピーエンドの良い終わり方だったなあ、と。

前回で終わりでも良かったけど、
今回のエピローグを挟む事でみんなが幸福になれたと思います。

ストーリーは単純明快かつ常に王道を行く感じで
仮面ライダーの中では「~BLACK」が好きな私も
「~W」の世界にのめりこんで楽しめたのが良かったです。

ライダーのデザインがシンプルなのもいいですね。
ディケイド終了間近にあしゅら男爵みたいなシルエットを見た時は
若干「え?」とは思ったけど、赤い複眼に銀色のマフラー…。

私好みだった事を覚えています。

石森作品や「探偵物語」へのオマージュも多々見られましたね。
そのパロディ含めてリスペクトが感じられたのは◎です。
スタッフの仮面ライダーへの愛を感じられる部分もありました。

アクション面に関しても、しっかり戦っていて好印象です。
動き易い(そうな)スーツデザインもあって格闘も軽快だし。
バイクアクションも豊富に用意されていたし。

やっぱり、バイクにまたがるならウィリーしろよ!です(?)。

怪人(ドーパント)のデザインがもっと生物よりだったら
さらに満点に近かったんですけど、そこは個人的趣味なので…。

何よりもメインライターの三条さん!
いまでも「ダイの大冒険」が大好きな私にはツボはまりな脚本でした。
左とフィリップの関係は、ダイとポップに当てはめれる部分も多いし。

少年漫画で多数シナリオを書いている氏にとっては、
特撮もので共感を得る話を書くのも苦ではなかったのかな、と。
安心して、かつテンションを高くして観れる話運びは最高でした。

ディケイドも好きだったけど、ちょっとWは別格だなー。
思い出補正もあってか、やっぱり「~BLACK」が一番好きだけど
「~W」もかなーり好きだなー。いい仮面ライダーだったなー。

年末に出るPSP版の仮面ライダーのゲームも
初回から最終回にかけてのブレのない「~W」の世界のおかげで
購入してしまうかもなあ…という感じです。

決め台詞もいいですよ。
「お前の罪を数えろ!」

「仮面ライダーW」、観て良かったです。
[PR]
by onihito | 2010-08-29 08:51 | Comments(0)

あらら

【生活】

ふと気がつけばBlog更新が週一ペースに…。
そんな意識はなかったんですけどね。
暑いといろんな意欲がそがれてしまって駄目駄目です。

それ以上に、月日が経つのがあっという間というのもあるけど。

【PSP】

伴って、ゲームに割く時間も極端に減ってはいるのですが
気になるソフトは秋以降発売のものばかりなので大丈夫かなと。

そんな中、久し振りの欲しい物リスト~。
私メモ、ともいう。
いままで意識してなかったんですけど、発売日も調べときました。

▼8月31日▼
●初音ミク -Project Diva- 2nd(DL版確定)

▼9月16日▼
●剣と魔法と学園モノ。3

▼9月30日▼
●英雄伝説 零の軌跡

▼10月28日▼
●ファントム・ブレイブ PORTABLE(DL版確定)

▼11月11日▼
●タクティクスオウガ 運命の輪(DL版確定)

▼今冬▼
●The 3rd Birthday
●シャイニング・ハーツ

最近はDL版の配信予定告知も早くて嬉しいですね。
優先順位としてはDL版で遊べるものが先に来ると思うので
いまのところミク、PB、TOは購入決定みたいなものかなと。

残るタイトルもメーカーや過去作の配信状況を見ると
同日発売はなくても、そのうちリリースされる気がします。

ただ、発売日からしばらく経過すると購入意欲がなくなる事も…。
一度にRPGを何本も遊ぶ事はできないので、良いふるいなのかも。

どれも楽しみなんですけど、情報やトレイラが出るたびに
すっごく気になっているのが「The 3rd Birthday」ですね。
海外で開発途中のサンプルを実際に触れた方々にも好評の様子。

やっぱりその、アクション要素があった方が嬉しいな、個人的には。

ロード・オブ・アルカナ

体験版をプレイしたのですが、個人的にはナシかなと…。
インタビューを読む限りはアクション性を重視したとの事ですが
やってる事も(敵が)やってくる事もワンパターン過ぎて…。

私が好きな、キャラメイク要素もあるんですけど
みんな逆三角形の顔輪郭に離れた吊り目とか、
低めに加工したボイスの中にコテコテのアニメ声が混じってるとか、
5つの選択肢があっても実質2択しかない、みたいな感じでどうにも。

私としては、選択肢すらない感じでもあるんですけども。

武器防具のモデリングデザインとか、
俊敏なダッシュや緊急回避とか、良い部分もあるんですけどね。

根本的に、エンカウント性の戦闘やカットイン挿入のトドメ演出とか
本当にアクションゲームとして遊ばせる気があるのか、
という部分が気になるプレイヤは現状、すごく多いみたい。

ゲームとしては本当に最序盤に触れただけなのでしょうから、
これだけで語る事はできないにせよ、
体験版としての役割を考えたら失敗している気がしてなりません。

「PSp」シリーズは第二弾で萎えてしまったし、
「GE」系は未プレイながら続編に注目してはいるけど
この系統だと私の場合は、「MH」シリーズが一番好きなのかも。

というか近未来とかファンタジーとか、そういうの期待してなくて…。
原始的な世界で、原始的な野生生物と原始的に戦いたい、というか。
だから「MH」にしても、いまだに古龍には慣れてないですけど。

「~アルカナ」に関しては、今後スルーです。

【Wii】

METROID Other M

本体持ってないくせに気になっちゃうシリーズ。
Wiiから発売される、メトロイドの新作ですね。
ちゃんと出るみたいね、「~ドレッド」と違って(涙)。

トレイラとか見てるとね、過去作の名場面、
指定しちゃうと「SUPER~」のラストシーンが
ムービーシーンとなって挿入されてるんですけど、色々疼くなー!

巨大化したベビーメトロイドが、サムスを庇って死ぬシーン。
これ、プレイから数年経った未だに好きなんだけども…。

それだけじゃなくて、ゲーム自体も
3D表現、構成を使用した2Dプレイ感覚のアクションゲームなので
FPAだった「~プライム」シリーズに馴染めなかった方もOKかも。

サムスがか弱そうなお嬢ちゃんになってたり、
銀河連邦の連中とずいぶん馴れ合ってたりするのがアレなんですけど
そうしたイメージは本当、個人的な捉え方によるものだろうし…。

いや、それでもやっぱりサムスは孤高のヒーローなんですけど…。
ついでに言えば、グラマーかつクールな姐さんイメージなんだけど。

そんな事はいいです。
すっごく気になってるので、プレイした方のレビューに注目してます。
[PR]
by onihito | 2010-08-22 12:34 | Comments(0)

PSPフィーバー

【PSP】

初音ミク -Project Diva- 2nd

UMD版はすでに発売済みです。
DL版は今月末に発売。
UMD版の発売日の少し前にアナウンスがあって良心的でした。

で、私はずっとDL版の配信を待ってるのよ~。
前作のDL版があれば購入しつつ、遊びつつ待つんだけど…。

なので、最近配信された体験版をプレイしてます。

内容は4曲、それぞれEASYとNORMALモードでプレイできますが
NORMALはNORMALのくせに結構難しいですね。
とくに「カラフル×メロディ」とか。

いまは何度も練習して、普通にクリアできるようになりましたが
巷の声を聞くと体験版が難しいので
製品版を購入するのをやめた、という方がチラホラ見受けられました。

うーん。
これって体験版として逆効果?

最近、ニコニコ動画関連の投稿作品をよく観ているので
自然とボーカロイドをつかった動画や音楽ファイルにも触れますが
リリースから4年以上経過している事もあってか、量も膨大ですね。

キャラとしてはメイコが好きですね。
ダントツですね。

単にショートカットが好きなだけじゃないかという話もありますが。
8割方当たっている気もしますが。
ボーカロイドとしての歌声も、のびやかで良いと思います。

やっぱり「~2nd」プレイ時にはメイコメインで遊びたいですが
体験版の仕様を見る限り、初めからは選択できないのかなあ。
それまではミクで頑張ります。

というか、はやく配信して欲しいんですけど。

The 3rd Birthday

現在注目している、発売前ソフトのひとつ。
「パラサイト・イヴ」シリーズの一作ですね。
前作、前々作は未プレイです。

公式サイトの動画を見る限り、
より私好みのゲームシステムの「MGSPW」、という感じなのですが
ジャンルが一応RPGなので、そんなにアクションぽくもないのかな?

主人公が女性、というのもポイント高いですね。
それだけで中高生の男子諸君にはウケが悪くなりますからね。

結構楽しみですが、まだまだ開発途中の段階ですね。

シャイニング・ハーツ

現在注目している、発売前ソフトのひとつ。
セガでは歴史の深い「シャイニング~」シリーズの一作。
シリーズの中ではゲームギア版を遊んだ事がある程度ですね。

キャラクターデザインはTONYさん。
TONYさんは「シャイニング~」シリーズに多く関わっていますが
氏が担当するゲームに触れる(かもしれない)のは初めてです。

ずっと遊びたかったんですけど、据置ハードばかりだったし。
今回、PSPにプラットフォームを移した事もあって良い機会です。

公式サイトを見ると、パートナーの一人の「ネリス」が可愛いですね。
私がセンターポジションのヒロインを好きになる事って稀なんですけど。
名前を変更できる、ともありよくわかってらっしゃる!と叫びたい!

ゲーム内容もほんわかのんびりパートもあるようなので、余計に注目。

しかし、秋~冬以降に発売予定のタイトルで欲しいものは
ほとんどがプレイに時間がかかるものばかり…とは前回も書いたけど
またさらに、積もり積もってきた感じです。

●タクティクスオウガ 運命の輪
●ファントム・ブレイブ PORTABLE
●英雄伝説 零の軌跡
●初音ミク -Project Diva- 2nd
●The 3rd Birthday
●シャイニング・ハーツ

一体どうしろと…。
どれも購入しつつも、折り合い見ながら積みゲーになるやも。

なんてもったいない。
[PR]
by onihito | 2010-08-14 19:13 | Comments(0)

カァラティ!

【映画】

●ベストキッド

ウィル・スミスの息子、ジェイデン君主演。
ジャッキー・チェン出演のカンフー映画。

いままであまり語ってこなかった気がしますが
中学生くらいの頃まで香港映画、とくにジャッキー作品が好きで
有名な代表的作品はあらかた観てきたと思います。

カンフー・アクションが好きなんですよね。

ただブルース・リーやジェット・リーには詳しくなくて
好んで観るのはいうもジャッキー・チェンの作品でした。

ちなみに私の中で、石丸博也さんは
マジンガーZではなく、ジャッキー・チェンです。
やっぱりジャッキーといえば石丸さんだよなー。

そうしたファンの声に応えてか(?)、
今作の日本語吹替え版も石丸さんによるものでした。
今回、字幕版は無かったので私も吹替え版を観てきましたよ。

内容は王道一直線の少年が成長していく過程を追う物語。
少年漫画が好きな方にはドツボはまりかと思います。
私自身、少年がひたむきに前に進んでいく姿が大好きです。

ジャッキーは今回、カンフーの達人ながら
ふいに訪れた最愛の存在との死別から人生のドン底に陥り、
人生に活を見出せなくなった中年役で登場します。

そこでも、ジェイデン君との絡みが生きてくるんですよね。
大人、とくに男性は時として少年から教わる事がありますが
ジャッキー演じるハン先生が自分を取り戻すきっかけもそこにあります。

ジャッキーにはやっぱり、笑顔が似合うのよ。

ちなみに、主役はジェイデン君。
そこははっきりとしてます。
ジャッキーは、あくまでも脇役。

アメリカ・デトロイトから中国に引っ越してきたジェイデン君は
同級生からのいじめに遭い、新天地に馴染めないわけですが
可愛い(?)ヒロインやカンフーとの出会いから変わっていきます。

このね、恋と己の強さ、ていう二大少年要素は
日本、中国、アメリカを隔てても
世界共通で変わらないテーマなんだなあ、と感じましたよ。

少年はいつまでも憧れの女の子を追い駆けるし、
また自分自身の強さ、弱さとも向き合っていくんですよね。
物語の結末もすっきりと明るい方向で終わるし、言う事無しです。

本編のほとんどが中国の生活風景を舞台に進むのも新鮮です。
でも中国国内での評価はあまり高くないとか…。

その辺り、あまり詳しく無いですが大人の事情も絡んでいそう。

映画としての尺は2時間20分、と割りと長めなのですが
中弛みする事無く、ジェイデン君を見守って観続けられますよ。

明快、快活な物語を期待する方にはオススメの一作です。

【PSP】

ゴッドイーター バースト

前作はまったく興味なしでした。
ただ続編となる「~バースト」の新アラガミ、
「ハンニバル」とのプレイムービーを観て興味を惹かれました。

なんて経緯がある中、まさかのDL版配信決定の報…。
割と前向きに今作の情報に注目してます。

正直、「○○みたいなもの」が嫌いな私は
このシリーズを遊びたいと思った事が無かったし、
スクエニ製の「ロードオブアルカナ」も無いな、と思ってるんですけど。

食わず嫌いで終わるには勿体ないものがありそうです。
ちょっと正座して続報なり、レビュー待ち。
[PR]
by onihito | 2010-08-07 23:10 | Comments(0)

3本の矢

【PSP】

タクティクスオウガ 運命の輪
ファントムブレイブ PORTABLE
英雄伝説 零の軌跡

秋頃に注目しているタイトルの公式サイトの本公開が始まりました。

まとめてみると、プレイに時間がかかるものがほとんどなんだよね…。
SRPGに、PSP最大規模となりそうなRPG。
発売時期が未定の「MHP3rd」やPCの「FF14」もあるし…。

こうなってくると、自然と優先順位も決まってくるわけで。

ちなみに、この中でDL版が確定しているのが「PBP」。
さすが日本一ソフトウェア。

「零の軌跡」も最近の傾向を見ると同日配信されるかな?
「TO 運命の輪」はスクエニタイトルなので微妙ですね。
一応、目玉タイトルは配信されてますが時期はズレるかも。

やっぱり私は、DL版を出してくれないと
今後の新作タイトルには中々手を出さないかもしれません。

DL版て、UMD版の発売日ギリギリにならないと
配信状況が告知されない場合が多くてドキドキです。
価格は大抵は割安になりますが、バンナムみたいな例もあったり…。

そうした中、「PBP」は当然購入決定。
ヒロインのエリィのイメージがリーンベルちゃんで固まりつつある
「英雄伝説 零の軌跡」もPSPオンリータイトルという事もあり決定。

「TO 運命の輪」は、ここまでの話の流れをぶった切ってなんですが
DL版が出ようが出なかろうが間違いなく購入します。

だって、だってなんだもん!
TO、大好きなんだもん!

あとですね、注目が…

【AC】

ダライアスバースト アナザークロニクル

最初タイトルを見た時に、おおおっ!?となったのですが。
アーケード筐体なんですよね、これ。

要は以前発売されたPSP版「ダライアスバースト」の完全版。
これでPSP版は不完全版だった、という事がはっきりとしました。
というか、このタイトルを遊んだ人間にはすでに実感できた事実ですが。

どう見たって不完全な内容だったので。
面白かったので、作品そのものに対しては文句言わないですけど。

「~アナザークロニクル」の記事を読むと
無印には登場しなかった大型ボスの姿も確認できるし、
AC版は好調ならPSPにまた逆輸入してほしいものですが…。

ダライアス特有の横長筐体を見る限り、
そのままPSPに移殖という事はできないでしょうから、
やっぱりPSP版は無印のままで終了なのかな、と思うと寂しいです。

仮にやるとしても、XBOX360とか行きそうだしなあ。

私を含めたすべての「ダライアスバースト」プレイヤが
完全版の登場を心待ちにしていたかと思いますが、
こうした形になった事に大して、個人的には正直、残念です。

次作に期待…なんだろか。
[PR]
by onihito | 2010-08-01 19:55 | Comments(0)