<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ねこをたべたねずみ

【映画】

●ザ・ウォーカー

原題は「The Book of Eri」。
イーライの書。
デンゼル・ワシントン主演映画。

私はゲイリー・オールドマン目当てで観てきました。
ゲイリーというと「レオン」のイカれ刑事をイメージする方が多いかも。
私はやはり「バットマンビギンズ」のゴードンが真っ先に出てきました。

さてこの映画、地球に残された最後の謎の本を謎の男が謎の場所に運ぶ、
というのが大まかなストーリーで、実際にそのまんまな感じで進みます。
謎の本、の中身に関してはおそらくはほとんどの方が何なのか気づくはず。

私は予告トレイラを観た時点で話の内容ともにわかりました。
とはいえ、そこは問題じゃないです。

国内の予告トレイラを観ると、いかにも
謎の本を巡って、複線と謎解きが絡むアクション映画、という印象ですが
実際にはそこまでステレオタイプではない、むしろ淡々とした内容です。

派手なアクションや軽快なテンポを期待すると肩すかしを食らいます。
話の流れが冗長で退屈だ、と感じる方も少なくないかもしれません。

一番の問題は宗教色が強い、という事です。

宗教や神話、少なくとも聖書に関してある程度の知識、
できれば習慣や実感を伴う事ができる前提があった方が良さそうです。
登場人物や話の内容に対して感情移入や理解できる幅が変わります。

「マトリックス」の製作に関わった方が監督をつとめているのですが
私は前述の通り、そうしたスタッフや謎の本、というキーワードから
ある程度作品の中身を予想できていたので余裕をもって楽しめたのですが。

「マトリックス」もアクション部分ばかりが取り上げられていましたが
話の蓋を開けると聖書に絡む部分が非常に強かったですからね。

この作品に限らず、詐欺まがいな国内予告トレイラの編集や宣伝傾向は
いい加減やめたらどうかと思うのですが業界も不振なので仕方ないのかも。

少し中身に触れておくとカーネギーの街での銃撃戦で
イーライと側近(名前忘れた)が対峙してから銃を下ろすまでのシーンが
台詞がないだけに互いの心情を想像する余地があって印象に残りました。

あと登場人物の名前が本当最低限にしか出てこないのね。
イーライの名前すら終盤まで出てこないという。

あとトム・ウェイツ。
出演すると知らなかったので彼が出てきた時は小さく驚きました。

そんな感じで、非常に地味な映画です。
基本的に無信仰な日本人には理解しがたいかも。
間違ってもデートプランには入れてはいけない映画です。

観ても何かがすっきりするような作品ではないです。

ちなみに私は好きです。
全編通して薄暗い画面効果を加えた事による雰囲気も良いです。

あ、その薄暗い画面が最後に…という部分ですっきりできるかも。
まずは聖書に目を通して下さい。
[PR]
by onihito | 2010-06-22 13:30 | Comments(0)

ぼ ぼ ぼ ボルボル

【3DS】

●3DS Classic Collection

E3関連の動画で知りましたが
3DSでFCやSFCのソフトが動いてる…???
以下は動画内で確認できるタイトル群↓

●マリオブラザーズ
●テニス
●スーパーマリオブラザーズ
●ゼルダの伝説
●メトロイド
●謎の村雨城
●パンチアウト!!
●エキサイトバイク
●ゴルフ
●ツインビー
●スーパーマリオワールド(SFC)
●星のカービィ
●ロックマン2
●悪魔城ドラキュラ
●アーバンチャンピオン
●光神話 パルテナの鏡
●スーパーマリオ ヨッシーアイランド(SFC)
●スマッシュピンポン

これはボルテッカを撃つ準備をしろという事か!
テックセットよろしくという事でよろしいか!

ゲームの一画面が3DS本体上で切り替わっていっただけなので
これがエミュなのかVCなのか、DSi絡みのアプリなのかは解りませんが
3DSでファミコンが遊べるようになると期待してもよろしいかー!

夢が
夢が叶い続ける

わらわは
わらわはおそろしいのじゃ

いやしかし本当、来るなら来いという感じです。
PSPよろしく直接PCに繋いでDL可能になると嬉しいんですけど。

任天堂が牛耳るサービスならサードも利益目的で群がるでしょうし
私が大好きなFCタイトルが全部3DSで遊べるようになれば最高です。

【携帯電話】

ここのところバッテリの減りが異常に早いのでauショップで見て貰ったら
バッテリ容量が全体の6割以下まで現象してるので要交換、との事。

そりゃ電池もすぐ切れますわ。

新品が店頭にないらしく郵送してもらえる話になり待つ事数日、
本日ようやくアンパンマンの新しい顔が手元に届きました。

いいね!
この充足感!

当たり前だけど電池残量表示がピクリとも動かないよ。
まだまだ現役でいて欲しいお気に入りの愛機なので頑張ってもらいたい。

分割支払いも終わってないしな!(…)
[PR]
by onihito | 2010-06-21 20:05 | Comments(0)

めらすらー

【PSP】

●メタルスラッグコンプリート

隠し要素見たさにプレイしてます。
イージーモードだけどな!
無印から始めて順番に「4」まで来ました。

しかし3000型番のメモリによるためかDL版による所為か、
プレイ環境がずいぶんと良くなってますな。ロードが苦にならない。
何故かシリーズ選択画面やセーブ画面がカクカクで「???」ですが。

いまから買うならUMD版よりもDL版を推します。
コンバットスクール要らないならアーカイブス版も要らない子です。
UMD版持っていても売却してDL版買い直すくらいの価値があります。

まったくストレスにつながらないわけではないけど
快適さでいえば雲泥の差がありますので是非にと試していただきたい。

さてゲーム内容ですが無印から「3」までは非常に楽しいですな。
度々書いてますが個人的には「X」が一番好きです。
今回改めてプレイしてもその辺りの評価は変わりませんでした。

そこかしこで叩かれている「4」はもうライフがゼロかと思いますが
私の目から見てもちょっといかがなものか…と感じる部分が多いです。

よく指摘されるグラフィックの使い回し自体に関しては
私はさほど気にならないのですが、そのうた新規でつくった部分が
明らかに質が悪くてかえって目立ってしまっているのが難点です。

BGMやSEもやはり低質ではあるのですが、なによりも
敵やアイテム、スラッグ等乗り物の配置が適当過ぎるのが気になります。
あまりゲームしない人がつくったんじゃないのかな?と勘ぐるくらい適当。

画面いっぱいに敵や弾が溢れれば難易度が上がるだろう、
みたいな安直な思考の元に短時間で組まれたような構成となっていて
それでいて何故かメリハリに欠けたステージを進むのでダルいです。

武器の特性と敵配置の関係もガン無視だから困る。

あと今作は根本的にとある大きな問題を抱えているのですが
それは多くのメタスラファンが指摘しているのでここでは語りません。

フィオは残っていたので良かったです。

前述の通り、隠し要素解禁のために久し振りに「4」をプレイしたけど
UMD版を遊んだ時の印象と感想から、何一つ変わっていませんでした。
もう遊ばないだろうな…どうかな。

などと書いてきましたが、キャラゲーなら許されるレベルです。
「3」までハズレ無しのメタスラシリーズだから酷評になるんだろうな。

さて、次は「5」の攻略が始まるお…。
終わったら最後に「6」が残されてるお…。

はやく「X」に帰りたい。
[PR]
by onihito | 2010-06-20 23:02 | Comments(0)

ゆう・えむ・でぇ

d0164914_2141582.jpg

d0164914_21415833.jpg

【PSP】

DL版の配信を待ちつつも一向にリリースされる気配がないソフトを
ネットオークション経由で入手してきました。いずれも超格安♪

●スペースインベーダーエクストリーム
●ことばのパズル もじぴったん
●ルミネス(英国版)

さっそくですが訂正。
このうち「もじぴったん」だけはDL版が配信されていますが
UMD版の定価と同様という暴挙に出ているため個人的には黒歴史です。

そんなのバンナムくらいなんですけどね。
どうやら赤字まっしぐらで火の車らしいので強く言いたかないですけど。
ちなみに「もじぴったん」発売当時はまだ社名はナムコでした。

今作はゲームそのものも非常に楽しいのですが
今回は収録曲「ふたりのもじぴったん」を聞くために入手しました。
そんな事…と思われるかもですが可愛らしい良い曲なのです。

編曲はPerfumeのプロデュースでも有名な中田ヤスタカさん!
後から知って驚きました。

「〜インベーダー」はこの中で唯一新品出品で購入しました。
それでもほんの数百円♪マイナー万歳!マイナー万歳!
…ファンとしては正直微妙な心境ですが安いに越した話はない。

…。

そういえば近日PS3とXBOX360でシリーズ新作が配信されるんですよね。
元が携帯ゲームのアレンジなだけにPSPでも出せそうなんですけど…。
残念ながら無し。本当に残念だ。

そういえば今作「〜エクストリーム」の続編もDSでしか出なかったし
結局いま現在までDL版の発売もなしで寂しい限りです。
そんな気持ちで以前「メイドイン俺」でミニゲームを作ったんだった。

最後に「ルミネス」。
落札したのは偶然にも英国版。
手元の「〜2」は北米版だし偶然にも両方海外版になってしまった。

「〜2」のように海外版で仕様変更があって
信近エリさんの楽曲が差し替えられてたら嫌だな、と考えましたが
「I hear the music in my soul」は確認できたので問題なさそう。

「Lights」までは到達できなかったからわかんない。
その前に難所「Da・Di・Do」で圧死させられました。
相変わらずプレッシャーが強烈だ、このステージは。

ざっと見る限り、テキストが英語になってる以外は変更点はなさそう。
海外版独特の決定・キャンセルボタンの入れ替えはあるけど。
これも文化の違いって奴?

「ルミネス」といえば一時期PSP本体の改造がクソガキの間で流行った頃
本ソフトを介してダウングレードが可能だという事実が飛び交いまして
ヤフオクなどでは20000〜30000円で落札される事態にまでなりました。

この手の流行は時として残酷なもので
いまではわざわざ「ルミネス」を利用してDGするアホもいないですね。

ちなみに私の手元に届いた英国版もDG可能なバージョンです。
でも落札額は数百円。

この落差。
物の価値はわかりませんねー。

私は「ルミネス」をパズルゲームとして大好きなので
こんなくだらない理由で価値が高騰したり下降する現象は
本当ふざけた話だなあと思うし、同時に悲しくなります。

高値で取引された「ルミネス」、実際に遊んでもらえたのかなあ。
04か05年に発売された当時も国内ではあまり注目されていなかったけど
そうした背景もあってか今回入手したソフトは大切にしようかなと。

もちろんDGなんてしません。
CFW改造なんてのは子供の悪ふざけです。

マジコン問題同様、悪ふざけで済ませられる話ではないんですけど。
[PR]
by onihito | 2010-06-19 21:41 | Comments(0)

ゲーム脳ばんざい

バブル脳とか全共闘脳とか70過ぎても国会議員脳とか
そうした事実を研究した方が現代日本にとって有意義な気がしますが、

そんな話は、いいんだ。

【PSP】

E3が終了しましたがPSPに関しては特に情報が無くて残念でした。
PS2エミュを実装するなんて噂もありますが
それをやるならまずPS3に再搭載してからでしょうし、ないでしょうね。

一部のPS2レベルなら現PSPでも移植が可能な状態ではあるので
さらにハイスペックな領域に突入するとなると、予想しきれません。
個人的にはそこまでする必要あるのかなー、という気はしますけど。

気になるには現行UMDは使えるのか、とか
メモステDuoやPSN関連データは使い回せるのか、とかですね。
購入したタイトルも数が増えてきたのでそこが大事です。

それよりもMedia goの使い勝手の悪さを本当どうにかして欲しい。
PSPgoなんて生まれながらに死んでいたようなものです。
SCEはその辺りのサポート環境や展開が非常に弱い。

技術は文句なしに高いんですけど。

3DSにせよPSP2(?)にせよ、発売されたら購入します。
もちろん、遊びたいソフトと一緒に。

さてさて、先日までに購入したDLソフト&アーカイブス。

●メタルスラッグXX(追加アイテム:レオナ)
●メタルスラッグコンプリート
●魔界戦記ディスガイア2(追加アイテム:マローネ&アッシュつき)

●グラディウス(PCE)
●出たな!ツインビー(PCE)
●首領蜂
●怒首領蜂

「〜XX」はフィオしか使わないんですけどせっかくなのでレオナを購入。
以前UMD版でプレイした「〜コンプリート」も値下げされていたので。
今作は非常にロードが長いのですがDL版は幾分マシになって◎でした。

あと今月末までのキャンペーンでマローネが無料でついてくる、と聞き
「〜ディスガイア2」も購入してきました。値下げまで待てなかった。
開始直後にマローネを出す事はできましたが気になるLvは100でした。

これから初期パーティのLvを上げる作業が始まるお…。
苦行だが、仕方ない!

ゲームアーカイブス群は、すでに趣味の領域ですね。
全部シューティング。
コレクションみたいなものですな。

私が初めてプレイした「グラディウス」はFC版で一周クリアもしましたが
思い入れが強いのがこちらのPCE版です。レーザーやバリアも綺麗だし。
といいますかシューティング=PCエンジン、というくらいに贔屓なので。

「〜ツインビー」はそのウン数年後、PSP版コレクションが初プレイ。
シリーズ通してもツインビーはFC版3とGB版を触った程度です。
でも無事配信された記念に購入しちゃった。

つくづくスクエニは弊害を生みやすい会社だと思いますが、
その話は今回は割愛。
そのうちPSPでパラサイト・イヴ出してくれるしな!(←…)

「首領蜂」系は完全に未プレイ。
いわゆる弾幕系シューティング自体初めてです。
そのうち二次コンな方達から評価の高い東方も触ってみたいけど。

pixivとか観てるとキャラの顔と名前だけは伝わってきます。
天狗の子がいい感じだと思います。
にわか以前の段階なので適当な事言うとぶん殴られそうですけど。

などなど、こんな感じ。

たくさん購入したのでまたしばらくはスルー態勢かな。
ナイツとかイースとかプリニーとか…見送りですな。

そうなりそうな事は、薄々察してましたけども。
[PR]
by onihito | 2010-06-17 14:08 | Comments(0)

イブイブ

本日二度目の更新。

【3DS】

●ゼルダの伝説 時のオカリナ

ゼルダシリーズの名作「時のオカリナ」が移植されるみたい。
64で発売されてからすでに10年以上経過しているので良い機会なのかな。私自身はシリーズを通して

●夢を見る島(GB)
●時のオカリナ(N64)
●風のタクト(GC)

の3作しか遊んだ事がなくて最も思い入れが強いのが「時のオカリナ」。
ゼルダといえば「時のオカリナ」、と答えるくらい単作としても好き。
ナビィや幼なじみの女の子も可愛かった。

移植にあたって、どの程度手が加えられるのかな。
グラフィックや音楽まわりを修正するのは当然かもしれないけど

居心地の良い悪夢

みたいな独特の薄気味悪い雰囲気や世界観は忘れないで欲しいなあ。
なんかキモいんですよね、「時のオカリナ」の中身って。
不思議な異世界に迷い込んだ感じ。童話的ファンタジーというか。

神格化している方も多いこの作品ですが
もし3DSを手に取る事があれば私もまた遊んでみたいなー。

子供リンクと大人リンク、ふたつの特性と冒険も楽しかったし。

【PSP】

●The 3rd Birthday

「パラサイト・イヴ」の3作目。
というと以前に出ていた気がしたのですが
07年あたりに開発が進められていた携帯電話版は頓挫していたんですね。

いつか遊びたいと思っていた「パラサイト・イヴ」シリーズ、
ゲームアーカイブスで配信が開始されたら購入を考えていた中、
割と前から開発途中だとアナウンスされていたPSP版新作が出てきました。

E3でのトレイラなどを観るとすごくアクションよりなのかな、
と感じるのですが一応前作まで同様RPGにかかっているんですね。
トレイラだけを参考にするとアクション色が強めに感じますけど。

当然、私にとってはその傾向が強い方が嬉しいです。

過去作とは物語や設定を一新する、との事ですが
主人公アヤ・ブレアの美しさは相変わらずのようで安心安心。
もう少し野村色が軽減されると尚良いのですがそこは諦めるとして。

携帯版のインタビューを読むとスタッフ一同アヤが大好きなようですが
そうした熱を持って製作すると仕上がりが大きく二分化するという
諸刃の剣…みたいな傾向が出てきますが、ここは期待しておきたい。

PSPでは意外とスクウェア・エニックスの(大作含め)タイトルが
多く発売されているのですが、結果的に見ると
私が実際に購入、プレイした本数は割と少なかったりします。

ですがこの「The 3rd Birthday」は密かに期待していた事もあって
相当に酷い仕上がりにならない限りは是非にとも遊びたいですねー。

スクエニといえば開発中の「FFアギトXIII」もおそらくは買うかなと。

しかし女性が主人公のゲームは(とくに男性層には)不人気なのかな?
と思いこんでいましたがアヤの場合はそうでもないみたいですね。
E3での発表以来、概ね期待の声が大きいようです。

金髪ショート、いいもんな…(おい)。
[PR]
by onihito | 2010-06-16 16:51 | Comments(0)

ようやく時代にうんぬん

【3DS】

●ニンテンドー3DS

いよいよE3にて3DSの詳細が公式発表されました。
ローンチ含めて発売予定のタイトルはサードパーティ共に
非常に豊富なラインナップが取り揃えられているなあと感じます。

個人的に気になるのはマリオカートくらいですけど。
あとは「スネークイーター3D」と銘打たれたメタルギアかな。
PWくらいしかシリーズを遊んだ事がないので余計に気になる。

もうひとつ、プロジェクトソラ開発の「パルテナの鏡」ですね。
おそらくは桜井さんが関わっているかとは思いますが
アクションゲームというジャンルである事を合わせて注目です。

本体に関しては噂レベルで流れた予想画像に割と近いですね。
3D画面の要となる上画面は予想ほどではないですが大きくなりました。
開発画面を見る限りGC並の性能を持つ、という話も信じられそうです。

十字キー以外にアナログキーが搭載されたのも大きいです。
DSシリーズは常に十字キーの操作感が酷すぎではありましたが
見た目ではPSPのアナログパッドよりも扱い易そうでグッドです。

こうして操作キーに一定の利便性を追求してくれた事もあって
今後無理にタッチペン操作を強いるゲームが増えると嬉しいな。
だってアナログキーがあればタッチペンの必要性もさらに低いでしょ。

選択、でいえば上画面の3D効果はオン・オフ可能だそうです。
これなら3D画面で遊ぶ時に気持ち悪くなったとしても平気ですね。
個人的には美麗な液晶画面があれば3D機能は要らないと思ってます。

最後にゲームソフトのROM。
容量は2GBになるとか?
単純に数値だけではかる事はできませんがUMDよりも上ですね。

少なくともDSに溢れた子供向け、という言葉を言い訳にした
子供騙し、程度の粗悪なタイトルと風潮は緩和されるかなと。
ゲームなのか何なのか解らんようなのも多かったですし。

子供向け、と子供騙し、は異なると思いますよ。
つくづく。

などなど、まだ3DSの全貌が明らかになったわけではありませんが
DSシリーズの将来に期待するには十分なサプライズだったと感じます。
今後はPSPと合わせて、私にとっての2本柱、2強になると嬉しいです。

ようやく任天堂が本気を出した携帯ゲームで遊べるとなると…。
あとはバーチャルコンソールを3DSで遊べるか否か、ですね。

いつか発表されるであろう、PSP2にも注目してます。
もっとも、PSPは私の中ではすでに神格化されているので
ここで永眠してもまったく構わないんですけど…期待はやはり大きいです。
[PR]
by onihito | 2010-06-16 06:29 | Comments(0)

別れた妻

【映画】

●アイアンマン2

やはり金を使ったアクション大作は最高の娯楽作品ですね。
内容が単純明快な上に画面の中で起こる事も派手なので余計に。
今回もロバート・ダウニーJr.が頑張ってます。

意外とシャーロック・ホームズの彼とは被りませんでした。

終盤のvs複数のドローン戦が盛り上がるのはもちろんなのですが
序盤のサーキットでのラッシュ・ウイップとの初遭遇や
施設に潜入したブラック・ウイドゥのセクシーさなど見所たくさんです。

スーツをまとった親友同士のケンカもややシュールで笑えました。
飲んだくれアイアンマンは日本のコントキャラに見えたりしたけど。

しかしやはり今作の最大の見所は、前作しかりスーツの手作りシーンかと。

イワンもトニーも自分で槌を打ったりしてトンカントンカンやるんだけど
新元素の発見&リアクター強化の流れはドキドキしたよ。
各国のなんちゃってスーツの試作風景も前途多難で面白かったし。

超能力でも特別な生まれでもない、
己の頭脳からスーパーパワーを創り出すヒーローってのもいいね。

あとペッパー・ポッツ役のグウィネス・パルトロウも相変わらず可愛い。
ウイドゥがセクシーならポッツはキュートだな、私の中では。
次回作以降、彼女の役どころ…というか役職はどうなるんだろう。

トニーとポッツの仲は今回もつかず離れずかなあ…と思いきや…!

しかし作中ではイワンの動機が逆恨みにしか見えなかったのが残念。
一応父の死やスターク一族への恨みを抱えているていう描写はあったけど
同時にその前提を打ち消す描写もあったので結局動機として弱いような…。

まあまあ、アクション娯楽なので細かい事気にしなくてもいいけど。
ドーナツ店でスーツ姿のまま頬張っているアイアンマンとかギャグだし。
誰もが気になる失禁(!)とかもあるし。

先にも書いたけどウイドゥが良かったので続投して欲しいなあ。
アイアンマンは原作をまったく知らないので純粋に出た物を楽しめます。

今度は映像目的で楽しみたいので吹き替え版を観に行こうかな。
続編をもう一本くらいやってほしいなあ。

しかしハマーの新兵器、あれはなんだったんすかね…。
[PR]
by onihito | 2010-06-11 15:32 | Comments(0)

待てば海路の日和あり

【PSP】

何を購入しようかなあ。
と結局考えがまとまらないままStoreを覗くと

●メタルスラッグXX

のニューリリース枠を発見!
Yesだね!

ほとんど迷わず、半ば衝動的に今作をDLしてきました。
UMD版の発売から約半年。待ってみるものです。
DS版「7」やPSP/UMD版今作が欲しくても我慢してスルーした甲斐があった。

プレイしてみるとロードも不快さを感じる事がなく、
音楽の遅延や画面の処理落ちが起こる事もなく快適に動いています。
「メタルスラッグコンプリート」とか、一体なんだったんすかね…。

この快適さで「X」をもう一度出すか、何かに同梱してほしい。
無印はもうじき出る「〜アーケードコレクション」に入る予定だけど。
いま考えたらアーカイブスのPS1版メタスラも厳しいものです。

なんて辛辣な回想をしてしまうくらい今作は良い仕上がりです。
欲を言えば銃火器の効果音やボイスは過去作のままで良かったかな。

PSPへの移植もの、のおやくそくとして今作にも画面表示選択があり
ドットバイドット表示と拡大したズーム、引き延ばしのワイドがあります。

私は当然ドットバイドット表示で。
アーカイブスで遊ぶ時も同様ですね。

中には上下左右に余白ができるのが嫌、という方も多く見かけますが
せっかくのドットが滲んだりぼやけたりするのが嫌なので
(第一画面が小さいとも感じないので)ドットバイドット表示なのです。

ちなみにゲーム本編な最低難度のビギナーモードで始めました。
ビギナーモードが許されるのは小学s(ry
それでもまだ2面の途中までしか進めていないというね!

選択キャラクターは当然フィオ一択です!
DLCコンテンツのレオナなんていらなかったんや!

などなど、ぼちぼち遊んでいきます。
アクションゲームは好きだけど、ずいぶん勘と腕が鈍りました。

他に遊びたいタイトル群、やはりメタスラをクリアしてからになるかな。
その前に欲が勝るかな…という感じです。
9月に

●剣と魔法と学園モノ。3

がPS3版と同時発売となる(!)ようなので
仕上がり次第ではプレイ、購入も考えてみようかな。
興味ありつつも過去二作は結局遊ばず仕舞いで来たので…。

主に評判の悪さが原因で(…)。
[PR]
by onihito | 2010-06-10 14:02 | Comments(0)

奇跡の能力!

【映画】

クリストファー・ノーラン監督が最近受けたインタビューにて
今後ノーラン版バットマンに「ジョーカーは登場しない」と、また
「できる限りその話には触れたくない」と発言したそうですね。

故ヒース・レジャーを思えば当然の話だと感じますし
私もそうするべきだろうと考えているので妙な話ですが安心しました。

バットマン新作にはリドラーが登場予定とか?
キャット・ウーマンも出ると予想してるんだけど、どうかな。
トゥー・フェイス役のアーロン・エッカートが続投というのが驚き。

ところで今夏はノーラン監督の新作「インセプション」が公開されます。
レオナルド・ディカプリオ主演。
特別「レオ様」のファンではないのですが最近主演作を観る機会多いな。

ケン・ワタナベやマイケル・ケインも出演されるんですよね。
ノーラン作品にマイケル・ケインがオファーされるのはおやくそく?
ケン・ワタナベは悪役ですけどラーズみたいにならん事を祈ります。

物語は人の深層意識、夢を主軸に扱ったシナリオとなるようで
私の好みドストライクという事もあり、いまから楽しみにしています。

【PSP】

●機動戦士ガンダム ガンダムvsガンダム NEXT PLUS

いわゆるガンネク。
今夏にカプルの新作キットが発売されるという事もあって
久し振りに引っ張り出してソシエ&カプルで主役MSどもを蹂躙してます。

手元に残るUMD版ソフトはこの1本のみなんですけど
数ヶ月ぶりに本体のディスクホルダーを開けて起動してみました。
さすがに錆びついているという事はなかったです。

ウイーン。
シャコシャコ。

ゲームそのものは相変わらず快適で楽しいです。
ソシエ&カプルで好き勝手暴れられるアクション物は少ないので貴重だ。
なので余計にDL版が出ないのが残念ですが、手放す日も来なさそう。

●魔界戦記ディスガイア2

こちらは本日DL版が配信開始となるタイトル。
未プレイですしアッシュ&マローネも使用可なので欲しいんですけど
価格が4000円なのが…UMD版発売から時間が経過しているだけに余計。

日本一ソフトウェアのタイトルは廉価版になりやすいというのもあるし。
DL版だと1500円程度の超リーズナブルなものもあるし。
それがプリニー2に手を出しにくい理由でもあるんですけど。

待ってれば安くなるなら、待つじゃん。
腐るわけでもなし。


しかしマローネ達のカットインは修正する気ないんだろうか。
アッシュはカッコ悪いしマローネは可愛くないし。
とはいえ購入したらマローネだけ鬼育成するんだろうけど。

日本一なだけにマローネを倒してから仲間にできるんだろうけど
そんなのいいからDLしたら最初から使わせて欲しいよね。
その仲間にするまでに育てたキャラとか時間とか無駄じゃん。

とか考えてしまう私は本格的にシミュレーション向いてないのかも。
だってマローネひとりでいいんだもん。

ごめん、アッシュ。
[PR]
by onihito | 2010-06-09 10:26 | Comments(0)